目指しませんか?一国一城の主!軽急便のドライバー募集
独立開業

先輩インタビュー

託児所の経営から転身。結婚して、仕事もプライベートも充実しています。

HAPPINESSさん 開業:2011年8月
北名古屋営業所所属

事務業務など不慣れなことは本部が代行。安心して開業ができました。

軽急便のドライバーを勤めるまでは、母と一緒に託児所を経営していました。 子どもが大好きだったので取り組んだ事業でしたが、年齢を重ねるにつれて体力的に厳しくなり、仕方なく閉鎖をしました。
今後の生き方、生活方法などを考えていた時、ちょうど耳にしたのが軽急便のこと。 車の運転が大好きだった私はさっそくホームページで調べ、説明会に参加をしました。 営業や事務的なこと、代金の回収などの経験が全くなく不安だらけで出かけたのですが、そのあたりの業務は本部が一括して代行してくれると聞き、決心がつきました。

現在はほぼ固定されたルートを回るルート配送が中心。そのために出先で迷うということはありません。 また、荷物を受け取るための配車指示やお届け完了の報告などは専用タブレットを使った簡単な操作で管理できるため、効率的な業務が実践できています。 また、お客様へのご請求関連業務は説明会の内容通り本部がすべて代行。お金をさわることがないというのは、気苦労から開放されてとても安心できます。

仕事のやりがい、プライベートの楽しみ、両方をしっかり手にできています。

開業して5年目に入りました。 軽急便の会員に対する様々な研修制度により仕事のスキルも充分に取得し、私の自信にも繋がりました。 その結果、現在では前職より高い収入を得るようになりました。 しかし、収入だけではなく、仕事上でのやりがいが大きいのも魅力。 お届け先で「ありがとう」「助かったよ」「お疲れ様」という言葉をかけていただくと、この仕事をやっていてよかったと思います。

自分でスケジュールが組めるため、プライベートの時間がきちんと確保できるのも軽急便ドライバーの利点です。 私は土・日を、中心に週1?2日間は必ず休日にしています。そのかいあって(?)、6月に結婚しました。 夫も物流ドライバーを務めていて私の仕事を理解してくれているので、今後10年は続けていきたいと思っています。
ネットスーパーの宅配や、医薬品のルート配送など、それほど大きな荷物ではなく女性向きの仕事もあるので安心。 多くの女性の皆さんにも参加していただき、たくさんの仲間と一緒に仕事をしていきたいと思っています。

ページ上部へ