目指しませんか?一国一城の主!軽急便のドライバー募集
独立開業

先輩インタビュー

少ない自己資金での開業、そして将来性。
ビジネスとしての魅力を実感して決心しました。

919カーゴさん 開業:2012年8月
北名古屋営業所所属

効率的なシステムが後押し。初心者でも開業できるしくみが整っています。

法律や金融関係が中心のビジネスコンサルタントから軽急便のドライバーに転職しました。 10数年間前職を続けてきたのですが、急に違う世界を経験したくなったのです。 軽急便に決めた理由は、車の運転が気にならなかったこと。 また、通信販売やインターネットを使ったショッピングが盛んになり、運送サービスの需要はますます高まるという将来性も大きな魅力に感じました。
配送に使用する車は軽自動車のため、比較的少ない自己資金で開業できることも、初めて挑戦する場合に大きなメリットになると感じました。

配送業務に関するやりとりが集中管理システムでコントロールされているのは大変便利です。 例えば、配車センターに荷主様からご依頼が届くと、速やかにお応えできるように各ドライバーの位置をGPSで確認。 短時間で業務が遂行できるドライバーの携帯電話や専用タブレットに指示が届けられます。 連絡を受け取ったドライバーが承諾メールを送信し、荷主様の元へ直行。業務が終わった時点で完了報告メールを送信します。 めんどうな請求業務も一括管理で済ませられるため、手をかける必要がなく助かっています。

目標達成への道は意識次第。しっかりとした支援体制をもとに走り続けています。

「思い立ったらすぐに」と考えて開業し、3年が経過しました。 軽急便車両は現在2台目。初代はなんと30万キロ走破し、1ヵ月に1万キロ走ることもありました。 走行距離の多さは、それだけ仕事が順調という証だと思っています。 現在の目標は年間売上1千万円の達成。 そのため幌車両の現行車を荷主様のご要望にお応えするためにカスタマイズし、効率化が図れるようなスタイルにしています。

振り返ると、開業当初からフル稼働して、月単位で見ると多少の増減はあるものの順調に推移してきたと思います。 ビジネスとして続けていくためには、やはり目標の設定とそれをかなえるためのステップが重要です。 いかにお客様に喜んでいただけるか、そのために何をするべきか。事業家としての意識を持って参加すると成功が待っていると思います。 それを叶える為の活用出来る支援制度も十分揃ってます。

ページ上部へ